私のおすすめ商品情報

半沢直樹 「第9話」見逃し動画の全て

暮らし
暮らし

2020年9月20日(日)に15分拡大で放送された半沢直樹 『第9話』の内容を動画を交えながらまとめてみました。見逃した方は是非ご覧ください(^^♪

10年前の牧野元副頭取 葬儀

時は遡ること10年前、牧野元副頭取の葬儀場にて、当時の中野渡と牧野元副頭取の秘書であった新山智美とのやり取り。

中野頭取は、東京中央銀行内部で繰り広げられている東京第一銀行(旧T)と東京産業銀行(旧S)の権力争いにうんざりしている様子。そこで中野渡は智美に頼み事をします。

謹慎処分の半沢

前回の第8話で、箕部幹事長に対し敗北を期した半沢は、大和田から自宅謹慎処分を言い渡されます。

一方、これ以上箕部に盾突くことを恐れた大和田は、紀本常務に箕部のクレジット・ファイルを手渡します。(クレジット・ファイルについては、半沢らが奮闘した前回第8話をご覧ください。)



森山、参戦

謹慎処分を受けながらも、黒崎検査官が最後に残した『伊勢志摩ステートを調べろ』という言葉をヒントに、半沢は伊勢志摩ステートのことを調べ始めます。

伊勢志摩ステートは、伊勢志摩にある老舗の不動産会社年商約750億円もの大企業。さらに伊勢志摩は箕部幹事長の地元でもあります。

伊勢志摩ステート箕部幹事長には何か深い関係がありそうです。

手助けしたいと申し出る森山に対し、箕部から守り切れる自信がないと断る半沢。箕部の底知れぬ権力に、半沢も警戒心を強めている様子。

伊勢志摩ステートの謎

伊勢志摩ステートを前にどうやって乗り込むべきか考える半沢森山

箕部が当時東京第一銀行(旧T)から借りた金額は20億円。その全額が現金で引き出されていることをクレジット・ファイルから知り得ていた半沢は、その一方で20億円もの多額の金が本当に現金で引き出された可能性はないと判断。

「現金」としているのは名目上そう書いてあるだけとし、本当は20億円がどこかの口座へ振り込まれた可能性を示唆する半沢は、その口座が伊勢志摩ステートではないかと推測していることを森山に告げます。

そうこう話し込んでいる半沢と森山の目に、伊勢志摩ステートの玄関先に停まるある1台の車。その車から降りてきたのは、アンジャッシュ児嶋さん演じる箕部の秘書 笠松(かさまつ)でした。



箕部と伊勢志摩ステート①

伊勢志摩ステートと箕部幹事長の繋がりを調べるため、半沢森山は東京中央銀行の伊勢志摩支店を訪れます。

そこで半沢らは、半沢の同期である伊勢志摩支店 副支店長 深尾から、箕部と伊勢志摩ステートのある繋がりを聞かされます。

さらに乃原弁護士との関係も。




半沢を取り巻く絆

半沢を取り巻く仲間との絆(きづな)。渡真利も森山も、危ない橋を渡ろうとする半沢に協力する強い姿勢をみせてくれます。ちょい感動。

箕部と伊勢志摩ステート②

同期の吉見である深尾に頼みこみ、伊勢志摩ステートの15年前までの財務資料の全てを閲覧することができた半沢。

そこには15年前、箕部から伊勢志摩ステートへ20億円の借入金が振り込まれていました。日付は東京第一銀行(旧T)が箕部に融資した日と同日の平成17年2月8日となっています。つまり、箕部は東京第一銀行から融資された20億円をそのまま伊勢志摩ステートに転貸(てんたい)していました。

転貸(てんたい)・・・借りた物件やお金を、そのまま第三者へ又貸しすること。

半沢を追う笠松

伊勢志摩ステートを訪れていた半沢の動きに感づいた箕部の秘書 笠松は、財務資料を閲覧する半沢のもとへ向かいます。

時間が許す限り財務資料に目を通し、その確たる証拠となる部分を探そうとする半沢は、森山を先に裏口から逃げるように指図します。

笠松は、半沢らがいる応接室に向かいます。

 

半沢は、伊勢志摩ステートの財務資料にあった15年前の決算書から、伊勢志摩ステートが箕部から受け取った20億円の決算書の内容に目を通します。

そこには、伊勢志摩ステートがその年に色々な土地を購入していることが記されていました。半沢は携帯を片手に、伊勢志摩ステートが購入した土地の住所を全て記録していきます。

一方笠松は半沢がいる応接室のドアノブに手をかけようとしていました。緊張感が半端ないです。



逃げる半沢!

箕部の秘書 笠松が迫るギリギリのところで応接室から裏口の通路へ逃げ込んだ半沢森山でしたが、笠松は裏口の通路にまで侵入し、執拗に半沢らを追いかけます。

最後の扉を副支店長の深尾から教えてもらっていた暗証番号(322678)を入力し、間一髪で外へ出る半沢と森山。(322678、何かのごろ合わせでしょうか?)

20億円の行方

笠松から逃げ切った半沢と森山はその足で、15年前伊勢志摩ステートが大量購入した土地を訪れます。当時は何もなかったその土地。

そこには通称「箕部空港」、伊勢志摩空港がありました。

つまり、15年前 東京第一銀行(旧T)から箕部に融資された20億円の流れは以下のようになります。

 

20億円の行方

【旧T】

【箕部】

転貸

【伊勢志摩ステート】

土地を購入

【伊勢志摩空港 建設地】



箕部の錬金術

箕部と伊勢志摩ステートとの関係、そこには東京第一銀行(旧T)から融資された20億円もの多額の金の流れと伊勢志摩空港の建設が巧妙に隠されていました。

 

 

20億円の流れは大枠分かったものの、肝心の伊勢志摩ステートから箕部への送金記録が見つかっていません。その送金記録の在処を突き止めるため、半沢は箕部のクレジット・ファイルが隠されていた架空支店「荻窪西支店」に再び目を付けます。

 

箕部の土下座

銀行の融資債権放棄による帝国航空の再建タスクフォースが一向に進まない状況下で、箕部と白井大臣は的場内閣総理大臣の前で弁明します。

そこで箕部は的場総理の目の前で「土下座」をします。

 

私見になりますが、箕部の一番恐ろしいところは何の抵抗もなく「土下座」をする姿勢だと思います。経験値を積んだ者が行う土下座、それこそ最大の武器であることは間違いありません。

プライドが高い下っ端がどんなに謝罪し頭を下げたとて、乗り切ることのできない局面をいとも簡単に乗り切る手法。それはまさしく、威厳ある上司の言葉であったり姿勢であったりします。

箕部の恐ろしさは、自分のプライドよりも優先すべきことが分かっているというその狡猾さずる賢さです。

 

行き詰まりの箕部に、乃原弁護士は何やら計画を持ち掛けます。

箕部への送金記録の行方①

半沢らは、再び架空支店「荻窪西支店」の書類がある書庫センターに向かいます。

半沢らがそこで目にしたのは、書庫センターにあるはずの「荻窪西支店」の書類がすべて無くなっている光景でした。

誰かが持ち出した。一体だれが?

 

荻窪西支店の段ボールを運び出したのは「大和田」ではないかと睨んだ半沢は、謹慎処分の身ながら大和田のもとへ向かいます。

 

 

荻窪西支店の書類の在処にしらを突き通す大和田に、半沢は詰め寄ります。

 

半沢に追い詰められた大和田は、箕部のクレジット・ファイルにあった東京第一銀行(旧T)から箕部へ20億円の融資資料を半沢へ見せます。

20億円の融資を行った担当者の捺印欄には「灰谷」、上席の捺印欄には「紀本」の捺印がありました。

 

 

箕部のクレジット・ファイルには、何か暗号らしき記号が記されたメモが何枚も挟まっていました。大和田が携帯に記録していたそのメモを見た半沢は「Air drop(エアドロ)」を使って、大和田のiPhoneにあったメモ画像を自分のiPhoneへ転送します。

そうこうしていると大和田の携帯に紀本常務からの着信が入ります。



乃原弁護士の揺さぶり

「銀行が合同説明会で下した債権放棄を考え直してほしい」と乃原弁護士白井大臣が再び東京中央銀行を訪れます。

そこで、乃原弁護士は中野渡頭取に揺さぶりをかけます。その内容とは・・・。

乃原弁護士という人物

乃原弁護士の大胆な行動に、乃原白井大臣との間に亀裂が生じ始めます

一方、渡真利を筆頭に半沢は乃原弁護士過去の経歴を探り始めていました。そこで半沢は、乃原弁護士が箕部の土地買収の話を掴んでいたことや、紀本との関係まで知ることとなります。

 

 

乃原弁護士銀行を嫌う理由、その背景には乃原少年時代に経験したある苦い思いが関係しているようです。そしてそこには紀本の姿も・・・・。

 

 

乃原弁護士の目的は、銀行への復讐にありました。

 

半沢が語る『覚悟』とは

東京第一銀行(旧T)の時代から東京中央銀行が隠ぺいしてきた政治との不正融資について、中野渡頭取に対する『覚悟』を強く願う半沢。



箕部への送金の行方を表すメモ

大和田から入手した箕部のクレジット・ファイルに挟まれていた数枚のメモの記録。そのメモに記されている内容について半沢らは解読を試みます。

TDI・・・東京第一銀行(TD)時代の伊勢志摩支店(I)のこと。

TCI・・・東京中央銀行(TC)の伊勢志摩支店(I)のこと。

IS・・・伊勢志摩ステートのこと。

MK・・・箕部幹事長。

H・・・・棺の会(※牧野元副頭取を偲ぶ会のこと)

S・・・・合併前の東京中央銀行の「審査部」

 

メモから分かった伊勢志摩ステートへの20億円の流れはこうです。

H17 2/8 「東京第一銀行」→箕部 → 「伊勢志摩ステート」へ 20億円の送金。
  ↓
H19 8/9 伊勢志摩ステート口座(TDI・IS)→箕部と「審査部」の送金。

  ↓
H19 10/10 伊勢志摩ステート口座(TDI・IS)→箕部と「審査部」に送金。

  ↓

~ここで東京第一銀行は東京産業銀行と合併し東京中央銀行へ~
伊勢志摩ステート口座はTDI→TCI(東京中央口座名)に変更。

  ↓
H20 3/6   伊勢志摩ステート口座(TCI・IS) →箕部と「審査部」に送金。
  ↓
H22 2/24   TCI・IS → 箕部と「審査部」に送金。

  ↓
~ここで牧野元副頭取が自殺~
  ↓
H23 1/11   TCI・IS → 箕部と「棺の会」に送金。(牧野自殺後
  ↓
H24 9/27 TCI・IS → 箕部と「棺の会」に送金(1億円)。

 

平成24年9月27日付メモにはMKに「9」、Hに「1」という記載があり、その日付は伊勢志摩ステートの口座から1億円が引き落としされた日と同じ日であることが分かります。

つまり「9」と「1」という数字は、箕部に9,000万、棺の会に1,000万の金が渡ったということ。

 

 

メモに書かれた内容を解読した半沢でしたがそれも憶測にしかすぎません。真実を握っていると思われるメモを書いた者を、その筆跡からある人物を特定する半沢たち。

 

不穏な動き①

灰谷の行動を監視する渡真利。一方、富岡の不穏な動きを目にした半沢富岡の後を追います。

 

 

そこに現れた紀本常務

 

 

メモに記された特徴的な「D」の書き方、同じ筆跡を灰谷の手帳から探し出そうとする渡真利と融資部の福山。とそこに灰谷が・・・・。さらに・・・!?

富岡という人物

怪しい行動の富岡の後を追う半沢が目にしたのは、書庫センターから忽然と姿を消した荻窪西支店の書類でした。

なぜ富岡は半沢に黙って荻窪西支店の書類を隠したのでしょうか?

 

牧野元副頭取の秘書であった小料理屋の女将 智美が語る富岡という人物に隠された真実とは?



刺 客

荻窪西支店の書類を手に入れた半沢と富岡でしたが、その中には肝心の伊勢志摩ステートから箕部への送金記録がありませんでした。

そこに現れた紀本常務。

そして紀本常務を追い詰めるべく半沢が用意した刺客。

再びあの男の登場。(桃太郎の歌を口ずさみながら登場するシーン)

 

 

紀本常務に詰め寄る黒崎検査官。すでに送金の流れを示したメモを書いた灰谷から紀本の本性を掴んでいました。黒崎検査官が掴んだのは紀本の本性だけでなく、もちろんお約束も忘れてません!

紀本、沈没

半沢は黒崎検査官の協力のもと、ついに伊勢志摩ステートの口座から紀本の口座への送金があった証拠を掴みます。

 

 

さらに箕部の不正な錬金術によって得られた大金は、箕部や紀本だけでなく中野渡頭取の口座にも分散して振り込まれた形跡が白水銀行の明細で確認!

黒崎が提示した紀本の白水銀行の口座明細書をよ~く見ると、一番下の方に『ナカノワタリケン ダイトウキョウ』という名義で50万円が記載されているのが確認できます!

死の真相

半沢は紀本への金の流れを掴んだところで、牧野元副頭取が自殺した真相に迫ります。そこには、東京中央銀行の度重なる不正融資を縦にした箕部の圧力に屈した紀本の姿がありました。

箕部への送金記録の行方②

半沢は、荻窪西支店の書類の中にもなかった箕部への送金記録の在処を紀本に案内させます。

 

 

半沢たちは紀本の誘導され、東京中央銀行 地下5Fにある金庫に向かいます。そこで手に入れるはずの箕部への送金記録・・・でしたがそこに大和田の影が。



屈しない中野渡頭取

乃原弁護士は中野渡頭取に対し、これまで東京中央銀行が政治がらみの不正融資を行ってきたことを表沙汰にしたくなければ帝国航空の債権放棄を認めるよう詰め寄ります。

しかしその脅しに屈しない中野渡頭取。



孤独な半沢

箕部への送金記録を持ち出した大和田を追いかけ、半沢が辿り着いた先にはなんと大和田だけでなく、中野渡頭取と箕部幹事長の姿が・・・・。

 

 

さらに驚くべきことに、箕部への送金記録は中野渡頭取の手から箕部の手に渡っています。
半沢は中野渡頭取に対し、銀行の不正融資、そして政治の不正の全てを公表し明るみに出すことを求めます。バンカーとして誠実であることを訴えます。

 

 

必死に訴える半沢に、箕部が口を挟みます。

 

 

箕部の口車を蹴散らす半沢。銀行の『信念』と『覚悟』を強く求める半沢に対し、中野渡頭取が半沢に告げたこと言葉とは・・・・。

 

 

箕部「この日本には相手に思いを伝えるために、古来から引き継がれた素晴らしい礼法がある。両ひざを地面につきさらに両手もついて、己の頭を地べたにつける『土下座』だ。さあ、やってみなさい。」

箕部は半沢へ土下座で謝罪するようにいいます。それを横で観ている大和田の目には涙が。中野渡頭取は表情ひとつ変えず、半沢の様子を見ています。

 

 

 

大和田は、中野渡頭取の様子をみて、半沢に無理やり土下座をさせようとします。

大和田「土下座をしろ! 土下座だ。 土下座! 土下座! 土下座! どげ・・・どげ・・・土下座~っ!」

 

 

半沢は土下座させようとする大和田を払い退け、中野渡頭取、大和田、そして箕部に言い放ちます!
一旦はとぼける箕部幹事長ですが・・・。

 

 

最後はきっちり倍返し!・・・・いや今回は!!!

 

1000倍返しと言えば・・・・

TBSが販売している半沢直樹名刺サイズステッカー付 100倍返し饅頭。食べた感じをレビューしてますのでよければご覧ください(^^♪

【期間限定】100倍返し饅頭
↓↓↓

半沢直樹『100倍返し饅頭』を購入&開封&実食 掴みはOK!!
半沢直樹グッズ「100倍返し饅頭」を購入し、開封、実食してみた感想をまとめてみました!

 

タイトルとURLをコピーしました