私のおすすめ商品情報

【迷ったらコレ】Air Pods用ブランドケース『Catalyst』の紹介

Air Pods用ケース
Air Pods用ケース Air Pods関連



愛用するAir Podsとその「保護ケース」について

いつも肌身離さず持ち歩いている「Air Pods」。私が愛用しているのは、3年くらい前に登場した第1世代と言われる初代Air Pods

3年以上も使用しているとはいえ、iPhoneとの音楽再生やYouTubeなどの動画再生との連携も遅延なしで使えているし、充電だってまあ初期のころに比べると少し長持ちしなくなってはいるけれど、3日に1回のフル充電で、通勤途中の電車の中でも電池切れすることなく使えています(^^

 

一時期は第2世代やAir Pods Proが目移りしたけれど・・・・

3年前に購入した初代Air Podsでもまだ十分使えるよ!

 

そんなAir Pods愛が止まらない私は、外出先でのAir Podsの「落下」やキズ、ホコリなどの危険を回避するために、常に専用の保護ケースに入れて使用しています。
今回は、愛用するAir Podsに付けているオススメの保護ケース「カタリストケース」についてご紹介したいと思います。

アップルの公式サイトから購入した

Catalyst Waterproof Case for AirPods – Special Edition –蛍光色  』 というケース♪

アップルの公式サイトAir Podsアクセサリー

 

カタリスト(Catalyst)のケースは、2年間Air Podsとともに愛用し、その「機能性」と「デザイン性」からAir Podsと同様、とても気に入って利用しています。
今回は是非その良さを知って多くの方に知って頂きたいと思い記事にしてみました。


カタリスト(Catalyst)Waterproof ケース

私が使っているカタリストケースがこれ。
アップル公式サイトから、2年前に購入した「グローインザダーク」というカラーのケースです。

現物のカタリストケース(写真)

2年前からずっと使い続けているカタリストケース。正面からの写真です。2年も経つとロゴの部分がすり減ってほとんど見えない状態にまでなっていますが全然違和感なく利用しています。

私物のカタリストケースの正面

 

充電ケーブル差込口側。購入した時に付いていた「カラビナ」は使わないため外して利用しています。

私物のカタリストケースの充電ケーブル差込口側



 “カタリスト(Catalyst)”というブランド

「カタリスト」は、Air Podsケースのほかに、iPhoneケースやapple watchケースなども販売していて、主にアウトドアスタイル用のケース類アクセサリーを作っているブランドのようです。

カタリスト国外公式サイト

 

上記サイトは国外サイトなので、国内向けに「カタリスト」の商品を貼売しているところを探してみると、『トリニティー』という国内サイトを見つけました。
そこで「カタリスト」のケースの特長について詳しく触れてありましたので記述してみます。

カタリストの国内販売サイト「トリニティー」

 

カタリストケースの特長

私がカタリストケースに対して感じる良い点は3つあります。

✅ 耐久性、防滴性、防塵性に優れた堅牢なつくり。
✅ お風呂やプールといった水周りに強い。= 洗える!つくり。
✅ Air Podsを360°全面完全保護。

この特長があるがゆえに「〇〇なことも大丈夫だったのか!」と思うことが確かにありました。○○なこと、についてはこのあとの内容で「検証」と「実体験」を踏まえて説明したいと思います。

対応できるAir Podsの機種(サイズ)

アップル公式サイトでは2020年3月現在、3種類のAir Podsシリーズが販売されており、それに伴って充電ケースも①~③の3種類あります。

  • 第2世代Air Pods  ⇒ ①ワイヤレス充電ケース、 ②通常充電ケース
  • Air Pods Pro ⇒ ③Air Pods Pro用ワイヤレス充電ケース

ただケース本体の「大きさ(サイズ)」だけでみたとき、第2世代Air Podsの2種類の充電ケースは同じサイズ。しかも第1世代の充電ケースとも同じサイズなので、保護ケースの購入を考えるときは、以下の2種類の大きさのケースを考えれば大丈夫です♪

  •  第1/第2世代のケースサイズ・・・44.3(mm)×21.3(mm)×53.5(mm)★
  •  Air Pods Proのケースサイズ ・・45.2(mm)×21.7(mm)×60.6(mm)

今回ご紹介するケースは★マークの「第1世代」と「第2世代」用のカタリスト保護ケースになります。

カラーバリエーション(色の種類)

今回ご紹介するのは第1世代と第2世代兼用のカタリストケースのカラーバリエーション。10種類もあるのです♪これなら友人や知人と被ることもなさそうです♪

10種類のカラーバリエーション

 

ちなみにアップルの公式サイトでは、通常のカラーバリエーションではなく「スペシャルエディション」と称したアップルからしか購入できない特別仕様のケースのみが販売されています。

アップル公式サイトにおける特別カラー仕様のカタリストケースの販売

 

アップル公式サイトで販売されている特別仕様カラーは次の5色展開。

「グローインザダーク」(アップル特別仕様カラー)

アップル特別仕様カラー

 

「ピンク」(アップル特別仕様カラー)

アップル特別仕様カラー「ピンク」




「ホワイト」(アップル特別仕様カラー)

アップル特別仕様カラー「ホワイト」

 

「ブラック」(アップル特別仕様カラー)

アップル特別仕様カラー「ブラック」

 

「ブルー」(アップル特別仕様カラー)

アップル特別仕様カラー「ブルー」




アップルの特別仕様カラーの中で、通常バージョンと同じようなカラーのケースもあります。違いはどこにあるのでしょうか?
「アップル特別仕様カラー」のケースと「通常版」で写真を横に並べてみると「カラビナ」の形状と色が違うことが分かりました。(「左」がアップル特別仕様カラー、「右」が通常版)

 

 

通常版にはない「ピンク」は、カラビナまで淡いピンク一色。かわいくてオシャレでいい感じです(^^♪

さらに学生さん向けにかわいいiPods用ケースこちら

【Air Pods ケース】安くてかわいい。「AHASTYLE」ツートンケースのご紹介 | | ソンナコンナ day+
安くてかわいいAir Podsのケースのご紹介。2色カラーで素敵なAir Podsケース「AHASTYLE」を購入したのでご紹介したいと思います♪

通常カラーであれば、カタリストの公式サイトからではなくても「Amazon」や「楽天」から購入することができます。

Amazonサイト

 

楽天サイト

 

個人的にかっこいいなあと思っているのは、通常カラーの「アーミーグリーン」です(^^♪男っぽくてアウトドアっぽい「アーミーグリーン」
「ミッドナイトグリーン」のiPhone11 Proと合わせると同色通しでいいかもしれません。

 

Amazonなら定価よりも17%も安く購入できそうです。(←2020年3月12日 13:00時点)

↓↓↓↓↓


カタリストケースの使用感(レビュー)

アップルの公式サイトから2年前に購入した「グローインザダーク」。本来ケース正面に刻まれていたカタリストの「ロゴ」は、長年愛用してきた結果、すっかりすり減って見えなくなっていますが、型崩れすることもなく、Air Podsをいつも完全保護してくれています。

2年前に購入した私物のカタリストケース

 

素材は高品質のシリコン素材で肌触りもよく、とても厚くて弾力性があります。写真のように柔らかく弾力性があります。

厚さは10mm。そして十分な弾力性によって、そこそこの高さからAir Podsを落っことしても完全に保護してくれます。

落下検証(〇〇な検証)

①落下による丈夫さを確認するため、私の身長175cmの高さから実際に落っことしてみました

カタリストケースをつけたままAir Podsを落下した動画。

2020年3月14日

②Air Podsとケースとも、このように全くの無傷!

 

ケースを触っただけでも、この素材がもつ頑丈さはきっとわかると思います。


防水性について(〇〇な経験)

ちなみに「水」に対する耐久性はどうか・・・。これもすでに実証済
というのも、このケースをつけたAir Podsをパ―カーのポケットにいれたまま、洗濯機に入れて洗濯してしまったことが過去に2回あります(恥笑)

2回誤って洗濯機で選択してしまってもしっかり保護

 

自動洗濯機の中で2回も泳がせてしまったAir Pods。それでも問題なく使用できているのですから、このケースの防水性は確かなものです!

手洗い検証(汚れに強い?)

「汚れ」に対してはどうか・・・。商品の説明書きには「洗える」特長が明記してありましたので、こちらも検証してみました。

①家の庭先の土の上にわざと落とし少し汚してみました。

土埃に汚れたカタリストケース

 

②汚れた部分を手洗いしてみました。

カタリストケースを手洗い

 

③汚れていた部分は完全にきれいになりました

 

ケースは裏返して清掃することができます。

カタリストケースを裏返して汚れを拭く

 

水洗いで土汚れは完全にきれいに落ちました。

取付け・取り外し

Air Podsのケースへの「取り付け」や「取り外し」のしやすさについてはどうでしょうか。
しっかりとした厚みとシリコン特有の弾力性が強いため、すでに2年間も愛用しているにもかかわらず、ちょっと力が要ります。

①上蓋と本体部分が一体型になっているので、取り付けるときも取り外すときも剥ぎ取る感じで行います。

【その①】カタリストケースをAir Podsから取り外す

 

②ちょうど厚手のゴム手袋をつけるときと外すときをイメージしてもらえればいいと思います。

【その②】カタリストケースをAir Podsから取り外す

 

③取り外したところ。

【その③】カタリストケースをAir Podsから取り外す

 

確かに取り付け取り外しには力を要しますが、何度繰り返してもカタリストケース自体は型崩れすることなく、Air Podsの充電ケースにピッタリとフィットするところは実に良いです(^^



価 格

Air Pods用保護ケースの相場は、だいたい1,000円~¥2,000くらい。このカタリストケースはその相場金額よりもお高く、定価は4,180(税込)になります。

楽天では税込み¥4,090円で販売されているので定価より少し安い金額で購入できそうです。(2020年3月13日 時点

楽天サイト

 

Amazonでは在庫次第で価格変動して定価より安いときがあります。(2020年3月13日 時点

Amazon公式サイト


 

販売価格については正直、Air Podsの保護ケースにこの金額はちょっとリッチ過ぎるとは思いますが、長期利用のための耐久性とデザイン性を考慮するとありではないかと思います。



まとめ

ここまでの内容について、私が2年間愛用してきた使用感を含めて「カタリストケース」のメリットデメリットをズバリとまとめてみると・・・

メリット

✅ デザインカラーリングがとてもかっこいい、かわいい
✅ 「落下」からAir Podsを完璧に守ってくれる。(←【落下検証】を参考に)
✅ 「水」からAir Podsを完璧に守ってくれる。(←【防水性の検証】を参考に)
手洗いができる。(←【手洗い検証】を参考に)

デメリット

✅ 価格が相場よりも高い
✅ 取り付けと取り外しのときに力がいる

まとめてみると、価格が高いところをクリアすればとてもいいケースであることを認識させられます。Air Podsの保護ケース、保護カバーの商品選びに悩んでいる方は、是非この記事をご参考頂き、このカタリストケースの良さを是非覚えておいて頂ければ幸いです。




コメント

タイトルとURLをコピーしました