私のおすすめ商品情報

【iPhone 超最薄・軽量ケース】iPhone 11 Pro / 11 Pro Max 後悔しないケース2選

保護ケース
保護ケース



iPhone 11 ProやIphone11 Pro Maxのデザイン性や重さをそのままに。

iPhoneケースの中でもっとも薄く、軽いiPhone11 Pro、iPhone11 Pro Max用のケース「memumi」と「TOZO」の2つのケースをご紹介したいと思います。

どちらもスマートフォン市場の中で、超薄型で最軽量のケースになります

memumi」と「TOZO」の両メーカーとも、androidも含めた様々なスマートフォン用ケースを販売していますが、その特長は他のメーカーには類を見ない「0.3mm~0.35mm」の超薄型ケースを販売しているという点です。

私はiPhoneを使用していますが、iPhoneのデザイン性と軽量性を損なうようなケースを付けることにとても抵抗があります。

シンプルなデザインで薄型のケースをネットで検索していると必ずヒットするのが「memumi」と「TOZO」のケース。

今回はiPhone 11 Pro用の両ケースを購入し、それぞれのケースの特徴と両ケースを比較することで、「memumi」と「TOZO」のケースがどんな方にオススメなのか検証してみました。

iPhoneの『デザイン性』『軽量性』損なわないシンプルなケースをお探しの方は、是非参考にしてみて下さい♪♪♪
iPhone8、iPhone SE (第2世代)用薄型・軽量ケースこちら
【5分で解説】洗練されたシンプルなiPhoneデザインケース「TOZO」を徹底レビュー。
お値段¥999円!それでいて艶消しのマットな高級な質感と、音声、ステレオスピーカー、電源、充電Lightningポートなどの各種ボタンとも干渉しないピッタリの精密な設計で、まるでケースを付けていないようなTOZOケースのご紹介です。

『memumi』ケースの特徴

memumi」ケースの最大の特徴は「0.3mm」という薄さ。スマートフォンケースの市場の中で最も薄型のケースです。

iPhone 11 Pro用のケースでは「ブラック」「クリアホワイト」「クリアブルー」「クリアブラック」4色のカラーが用意されています。

 

 

Amazonボタンから各種カラーの詳細イメージを確認することができます。

外観

今回購入したカラーは「クリアブルー」。Amazonで購入するとわずか2日でポストに届きました。パッケージの右上には「0.3mm」という薄さの表示が目立ちます。

 

開封して商品を確認。とても薄い!そしてとても軽いです。

 

memumiケースをiPhone11 proに装着してみます。

 

特徴は「電源ボタン」、「音量調整ボタン」、「充電ホール」、「ステレオスピーカー」その全ての形状に完璧にぴったりとフィットすることです。

【左】左側面(音量調整ボタン側)     【右】右側面(電源ボタン側)

 

【下部】充電ホール、ステレオスピーカー

下部(ステレオスピーカー側)

 

【背面】右下にはmemumiの「ロゴ」が印字されています

 

レンズ周りも全て完全に保護。このようにiPhone11 Proの三眼レンズと完全にフィットするケースは「memumi」以外にはTOZOしかありません。レンズの出っ張りもmemumiケースで完全にフラットになるので気になりません。

 

価格

カラーの種類にかかわらず、全色 税込¥1,570でAmazonで購入することができます。(2020年4月22日 時点)スマートフォンケースの中では、平均的な価格と言えます。


 



『TOZO』ケースの特徴

「memumi」ケースに続き、「0.35mm」というスマートフォンケース市場2番目の薄さを誇るTOZOケース。

iPhone 11 Pro用ケースのカラーは「クリアブラック」の一色です。


外観

こちらもAmazonで購入しわずか2日で届きました。

 

開封するとこちらもとても薄く、軽いです。手に持った感じではmemumiケースと比べても同じくらいの軽さです。

 

TOZOケースをiPhone11 proに装着してみます。光の加減で、うっすらアップルロゴが透けて見えるのが特徴です。(memumiケースの方ではアップルロゴは透けず見えませんでした。)

 

「電源ボタン」、「音量調整ボタン」、「充電ホール」、「ステレオスピーカー」その全ての形状に完璧にぴったりとフィットし保護。memumiケースと同等、完全保護の精度は非常に高いです。

【左】音量調整ボタン側     【右】電源ボタン側

 

【下部】充電ホール、ステレオスピーカー

下部(ステレオスピーカー側)

 

※memumiと大きく違う点memumiケースは「memumi」のロゴが印字されていましたが「TOZO」ケースは無印字です。

【左】TOZOケース(無印字)  【右】memumiケース(印字あり

 

三眼レンズ周りはmemumiと同様、完全に保護されていて、レンズの出っ張りもmemumiケースで完全にフラットになるので気になりません。

【左】TOZOケース     【右】memumiケース

TOZOケース装着後レンズの出っ張りはなくなる

TOZOケース装着後レンズの出っ張りはフラットに

 

価格

税込¥999でAmazonで購入することができます。(2020年4月22日 時点)スマートフォンケースの中で、とても安価なケースと言えます。


比較(memumi 対 TOZO)

スマートフォン市場で最薄・最軽量とされる「memumi」と「TOZO」のケース。両ケースを「1.デザイン性」「2.カラーバリエーション」「3.フィット性」「4.価格」の4つの視点から比較し、それぞれの良い点とイマイチだった点について考えてみました。

1.デザイン性
2.カラーバリエーション
3.フィット性
4.価格

デザイン性

どちらもスマートフォンケース市場の中で「最薄」を売りにしているだけあって、シンプルでかつiPhone本体のデザインを損なわないケースとして満を持してオススメできるケースです。

【左】memumiケース     【右】TOZOケース

 

デザインについて1点だけ違う点を挙げるとすれば、memumiケースはケース右下に「memumi」のメーカー名が印字されているということ。「TOZO」ケースはそういった余計なロゴがないので、非常にシンプルな点でmemumiよりも「TOZO」に軍配が上がります。

 

TOZOケースがmemumiケースよりもデザイン性は優れている。

カラーバリエーション

デザイン性では「TOZO」ケースが「memumi」ケースよりも優れていますが、カラーのバリエーションについては1色しかない「TOZO」よりも4色ものバリエーションを揃えている「memumi」に軍配は上がります。

memumiケースは「4色」(左からブラック、クリアホワイト、クリアブルー、クリアブラック)

 

TOZOケースは「クリアブラック」の1色展開。

 

memumiケースがTOZOケースよりもカラーが豊富。

フィット性

memumiもTOZOも両ケースとも実にiPhone本体にピッタリと装着し、本体との一体感がどちらも非常に素晴らしいです。まるでケースをつけておらず、そのような色のiPhoneではないかと見間違うくらいに、そのフィット感は抜群です。

【左】memumiケース     【右】TOZOケース

 

ただ1点だけ違う点を挙げるとすると、装着のしやすさが違います。

装着しやすいのは「memumiケース」

素材の違いのせいか、memumiケースの方がTOZOケースよりも軽い力で付け易かったです。TOZOケースの方は、若干力を入れてiPhoneを滑り込ませるように入れるようなコツが必要でした。

 

特に私がどちらのケースにも共通して素晴らしいと思う点。それは三眼レンズの周辺をしっかり保護してくれるということ。

三眼レンズ周りを保護するiPhoneケースmemumiTOZO以外にはありません。

「memumi」と「TOZO」以外の他ケースは、三眼レンズ周りを大きく四角に切り抜かれたケースが主流なのです。

「他メーカー」では、三眼レンズ周りはくり抜かれているため、保護されていないケースが多い。

 

「memumi」と「TOZO」ケースはレンズ周りを完全に保護してくれる。

【左】memumiケース     【右】TOZOケース

 

『フィット性memumi、TOZOの両ケースとも同格に優れている

 

価格

2020年4月23日 時点におけるAmazon価格では、memumiケースが税込¥1,570円、TOZOケースが税込¥999円で、TOZOケースの方が「安価」であるため購入しやすいです。質感はどちらのケースもそれほど変わらないため、TOZOケースの方がmemumiケースよりもコストパフォーマンスが高いと言ってよいでしょう。

・memumiケース

・TOZOケース

 

まとめ

スマートフォンケース市場、「超最薄」・「最軽量」・「全面保護」で他ケースを圧倒するmemumiとTOZOケースのそれぞれの特徴と比較をまとめてみます。

 

✅ 3.0mm~3.5mmという超薄型・最軽量ケース(両ケースともハイレベル

✅ 各種ボタン、カメラレンズ周りをしっかり全面保護(両ケースともハイレベル

✅ デザイン性はシンプルでスマートフォンとの一体感に優れている(両ケースともハイレベル

 

どちらともハイレベルなケースでコストパフォーマンスにも優れているのですが、memumiケースの方はケースに“memumi”の印字があるので、見た目のシンプルに拘りをもつ方には「TOZOケース」をオススメします。

ただしTOZOケースにはカラーのバリエーションがないため、色に拘りをもつ方memumiケースの方が選択する楽しさがあって良いと思います。



コメント

タイトルとURLをコピーしました