私のおすすめ商品情報

【下取り 売却するよりお得】手数料 最安3.5%のフリマ アプリでiPhoneを高値で売る方法

iPhone 関連
iPhone 関連 売買方法

長いこときれいに使用してきたiPhone。そろそろ新しいiPhoneへの買い替えを検討している方もいるかと思います。(例えばiPhone6や7、あるいはiPhone8から「iPhone SE(第2世代)」への買い替えなど)

そんなとき、ドコモやau、ソフトバンクのiPhoneを利用している方であればそのままショップで古いiPhoneを下取りし、新しいiPhoneへ機種変更することができます。

今回は、新しいiPhoneへ買い替えを検討されている方に向けて、ドコモやau、ソフトバンクといったキャリア、もしくはへアップルストアへの「下取り」を行うよりも断然お得なiPhone買い替え術をお伝えします。

「下取り」よりももっとお得にiPhoneを買い替える方法。

その方法とは・・・・、

ズバリ結論からいうと、iPhoneは「下取り」なんかするよりも手数料が「無料」フリマアプリ「ラクマ」を利用しiPhoneを高値で売却ことをオススメします。

今使っているiPhoneはアップルストアやドコモ、au、ソフトバンクなどの大手通信キャリアへ「下取り」して買い替えるよりも、「ラクマ」を利用した方が確実に高い金額でiPhoneを売ることができます。

実際に私がフリマアプリ「ラクマ」を利用し、使い古した「iPhone8」を高値で売り、新しい機種iPhone SE(第2世代)へ買い替えを行った過程を売却金額まで載せて説明したいと思います♪ 

「ラクマ」とは

「ラクマ」は楽天が運営するフリーマーケットアプリサービスです。インターネット上で、個人同士がモノや商品を売買できる場を提供しているサービスで、2014年11月ごろに始まりました。
楽天が運営しているということから信頼性もありますが、私は2018年9月くらいからラクマを利用し始め、iPhoneだけでなく不要になったバッグや使わなくなったジャケット、シューズ、パソコン、フィギュア、ヘッドフォンなどいろんなジャンルの商品を次々に出品し、そして完売してきました。

売ってきた件数を確認してみると、ここ1年半くらいでざっと22件もの商品を売ってました。そのほんの一部になりますがこんな感じです。

ラクマ(旧フリル)- 楽天のフリマアプリ

ラクマ(楽天のフリマアプリ)
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ

「アップル製品」は定価の半額以上で確実に売却できる

フリーマーケットの市場では、iPhoneをはじめとするアップル製品はとても人気が高く、
もちろん商品の良好状態にもよりますが、ほぼ定価の半額以上の金額で確実に売却することができます。
実際に私がこれまでラクマアプリを利用し、売却してきたアップル製品とその売却金額を一覧にするとコンナ感じです♪

各アップル製品の売却金額(※売却時期で金額は変動しています

✅ iPhone XR  75,000円
✅ iPad mini4(16GB) 24,000円

✅ iPhone XR  77,000円
✅ Mac book Pro13.3 130,000円

✅ iPad Pro11  94,000
✅ iPhone8(red)  56,000円

 

アップルのiPhone下取り価格(2020/05時点)

2020年5月時点、アップル公式サイトからのiPhone下取り価格は以下のようになっています。

アップルのiPhone下取り価格表(2020年5月時点)
iPhone XS Max 最大 ¥40,000
iPhone XS    最大 ¥37,000
iPhone XR    最大 ¥28,000
iPhone X    最大 ¥28,000
iPhone 8 Plus  最大 ¥23,000
iPhone 8     最大 ¥16,000
iPhone 7 Plus 最大 ¥16,000
iPhone 7   最大 ¥9,000
iPhone 6s Plus 最大 ¥9,000
iPhone 6s    最大 ¥6,000
iPhone 6 Plus 最大 ¥4,000
iPhone 6    最大 ¥3,000

 

試しにアップルの公式サイトから私物のiPhone 8 (ゴールド) 64GBを「iPhone SE(第2世代)」へ買い替えするとして、その「下取り」のシュミレーションを行ってみました。
すると、下取り金額は最大¥15,000と表示されました。

iPhone 8 (64GB)が¥15,000円での下取り・・・・。思っていた以上に低い下取り金額です。
そこで早速、手数料「無料」のフリマアプリ「ラクマ」へ出品してみることに。




iPhoneの落札価格は・・・・

目立つ傷もなくバッテリーの最大容量も100%、箱や電源コード、イヤホンなどの付属品も全て揃っている状態で、アップルの修理サービス保証も残っているiPhone 8 (64GB)。

 

【初日】まずは¥40,500円の金額で「ラクマ」に出品してみました。(2020年4月17日 時点)

 

【9日目】「いいね」の評価が6 件ほどつくものの、買取りたいという人が現れないので値下げすることにしました。大幅に¥2,500円値下げしました。(2020年4月27日 時点)

 

【17日目】なかなか売れないため、出品したときの金額から¥9,200円値下げ。
すると、ここで見事落札することができました!
落札金額は¥31,300円。
つまり、iphone8(ゴールド 64GB)は出品して17日目にして
\31,300円で売却
できたということです♪

iPhone8(ゴールド 64GB)は\31,400円(定価の半額以上)で売却

以下は実際に支払い申請があった画面です。

 

落札金額から3.5%の手数料¥1,205円が引かれた金額¥30,095円が受取金額になります。ちなみに発送も着払いなので、配送料金の負担もありません。

結果、iPhone8(64GB)はアップルストアの下取り価格よりも、倍以上の高額で売れたことになります。


<アップルストア> 下取り ¥15,000円

<ラクマ>     売値  ¥30,095円


<高く売りたいなら5%クーポン券の発行期間を狙え!!>

「ラクマ」では出品したモノがよく売れる「タイミング」があります。そのタイミングとは、月に数回「5%クーポン券」が発行されるタイミングです。5%クーポン券とは、出品されている商品の金額を5%割り引いてくれる「券」です。(例 ¥40,000円で出品されたiPhoneを5%割り引いた¥38,000円で落札、出品者には出品金額の¥40,000円を得る)この5%クーポン券が発行されたタイミングを狙って、商品の出品や落札はすると良いでしょう。クーポン券の発行時期を予測することはできませんが、多くて月4回くらい発行されるときもあります。5%クーポン券は一度に5枚発行され、クーポンの有効期間は4日間なので、4日間が売れるか売れないかの勝負どころです。

まとめ

iPhoneは「下取り」で買い替えるよりも楽天が運営する手数料「無料」のフリマアプリ「ラクマ」を利用して売却した方が高額で手放すことができ、下取りするよりも倍以上の現金を手にすることができます。

iPhoneは「下取り」なんかするよりも手数料が「無料」フリマアプリ「ラクマ」を利用すると
確実にiPhoneを高値で売却することができます。

ちなみに私は、今回ラクマで¥30,095円で売ったiphone8の資金を利用して、2020年4月24日に発売された「iPhone SE(第2世代)128GB ¥54,780(税込)」を半額以下の¥24,665円で購入することができました(^^♪

みなさんもiPhoneの買い替え時には是非「ラクマ」を利用してみて下さい♪
絶対損はしませんよ(^^♪



コメント

タイトルとURLをコピーしました